上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は一人で狩りに出ることが少なくなった私
一人には慣れているつもりで「モンスターが友達さ(・3・)」と思っていた節もあったのですが
「相方」と呼べるような人と狩りに出るのはやはり楽しく、MHの醍醐味は多人数プレイなんんだなぁと再確認した感じです。

一人の時にはやれない事もあるし、モンスターへの対応を変えてみたり「世界が広がった」という表現がピッタリきます(´∀` )

モンスターの動きをコントロールできるボウガンを主に使う私にとっては、ソロとは違った射撃方法や誘導など
以前から「PTだとこう戦ってもいいかも知れないなぁ」と思っていたことが試せてまた新しい感覚です。
【続きを読む】
以前から少し交流のあったとりあえず、モンハン1回の管理人、竹蔵さんがミナガルデに来ておられると言う事だったのでお誘いさせて頂いた所、すぐに来ていただきその日からとても楽しいミナガルデライフを送らせてもらっています。
リンクについても快く承諾して下さり非常に感謝しています。

普段は小型モンスター掃除など、少々神経質にやってしまう私ですが複数人で狩りに行く時は、他人の作戦やイレギュラーにも対応する「その時々でよりベターな判断」ができればいいなぁと思っています。
小型モンスターを片付ける時も2倍のスピードで済むのでそこまで不利感もないですし、何時もと違うタイプのボウガンを使い、何時もと違う弾丸がポーチに入るというのはワクワクします、現在竹蔵さんと狩りに出かけるときはタンクメイジを愛用しています。

なによりMHの世界で私と違う道を歩んで来られた方と肩を並べて狩りに出かけるというのは世捨て人の如く一人で狩りをしていた私にはすごく新鮮で、フィールドも何時もと違う様に見えるとても貴重な時間だと思っています。
竹蔵さんと色々お話をして一番嬉しかった事は、以前から感じていたとおりMHに対する2人の「楽しい」が共通の物であったことです。

さて、その竹蔵さんとご一緒させて頂いた初日に、ものの見事にイャンクックの下敷きになった私
P2Gでも相手をした記憶も殆ど無く、元々ニガテで最初期に出てくるモンスターという事もありノーマークでした
「こいつどう戦うんだっけ?(´д` )」と忘れていた事を思い出したのでG級「挟撃のイャンクック!」に行ってみることにしました。
近接勢には「先生」と慕われておりますが動きも速く距離を詰めてくるタイプのクック、ヘビィとの相性はMHGの中で最悪の部類に入る相手に生きて帰れるのでしょうか。

【続きを読む】
前回のディアブロスではずいぶんウンウン言いましたが「まぁいっか(・ω・)」とひとまず忘れる事に
よく考えるとディアブロスに対してはしばらくMHから離れていた事も関係して漠然としたところも持っているので、
ディアブロスへの攻撃技術をもう一度私なりに構築しなおす必要があるのかも知れません。

大地の結晶が底を付きそうになってしまったので今回は火山に行くことに
鉱石、火山とくればバサルモス、普段は近接武器に持ち替えて単品クエストに出かけるのですが
ここで強力に鉱石関係を貯めようとすると相手が癒し系バサルモスなだけに途中でダレてしまうと思い、戦闘中の虫の妨害の無い2頭クエストの方でヘビィも使いながらやってみることにしました。

【続きを読む】
上位4本の角、4ホーンです
以前一度やってクリアはしたのですが、その後やればやるほどドツボにハマったというか困った事態になってしまったので最近はよく砂漠に出発しています。

ディアブロスのクエストは小型モンスターも比較的少なく移動も隣接エリアなので、狩ると言うよりどこか「バトル」という印象でもありますがヘビィボウガンでのディアブロスは楽しく、ついつい足を運んでしまうクエストです。

G級の黒2頭の方はガチ準備をして行けばクリアできる難易度になっていた事と、高級耳栓が必須スキルになってしまうので どうもやる気が起きずに今はちょっと放置中です。

【続きを読む】
今回は火山レウスに行ってみました。
実に動きがフリーダムなレウスですが、レイアと比べると体力は低いので気楽に出発です。
【続きを読む】
検索フォーム
記事タイトル一覧
全タイトルを表示
最新記事
相互リンク様
プロフィール

Kikka

Author:Kikka
PSMHG後半からヘビィボウガンメインで遊んでます
現在はWiiMHGで狩猟中

コメント等々はお気軽にどうぞです。

カテゴリ
個人的リンク集
時計
月別アーカイブ
ランキング
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンクについて

この人とブロともになる

 
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。