スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4本の角

上位4本の角、4ホーンです
以前一度やってクリアはしたのですが、その後やればやるほどドツボにハマったというか困った事態になってしまったので最近はよく砂漠に出発しています。

ディアブロスのクエストは小型モンスターも比較的少なく移動も隣接エリアなので、狩ると言うよりどこか「バトル」という印象でもありますがヘビィボウガンでのディアブロスは楽しく、ついつい足を運んでしまうクエストです。

G級の黒2頭の方はガチ準備をして行けばクリアできる難易度になっていた事と、高級耳栓が必須スキルになってしまうので どうもやる気が起きずに今はちょっと放置中です。

砂漠岩地マップ
砂漠側のディアは初期配置エリア7、岩地側のディアはエリア10
このクエストで有名なのは4⇔3交互と10⇔3交互戦闘でしょう
両方タイムテーブルを利用して砂漠側のディアをエリア3で補足しながら岩地側のディアとも戦闘する方法です

MHドスのギザミ交互や双璧交互など、こういった戦法を考案された方にはホントに頭が下がります。
こういう戦法をどう感じるかは人それぞれになりますが、私はモンスターの習性を理解してそれを最大限利用すると、とてもハンターらしい姿だと感じています。

今回もこの交互法を使いますが、初回に試しにペイント管理で行ってみたところ余裕が出たのでその後は自動マーキング装備に切り替えてやってみてます。

クエスト:4本の角 食事:無し

武器:アルバレスト改
スキル:自動マーキング、装填速度+1
装備 

アイテム


カラハリ×99 角笛      こんがり肉×10
鉄鉱大地×99 閃光玉×5    力の護符
調合書1~4  怪力の種×10   力の爪
錬金書    クーラー×5   モドリ玉
回復G×10  Lv2通常弾×99  鬼人G×1
秘薬×2   Lv1貫通弾×60  いにしえ


ディア原種の咆哮に対しては怒り時の真正面咆哮だけが確定コンボになるのでG防具だし無くてもなんとかなるようです。
ディアブロスに対しては一発の威力よりリズムで戦闘をしたいので装填速度+1をチョイス

アイテムの閃光玉は2個目以降の角笛の意味合いのほうが強いのでディアに投げるかどうかといえば微妙なところです、グダッたら投げるかも知れないし投げないかも知れないという感じなので投げたとき用のLv1貫通弾
アイテムポーチが空いたので食事はせずに いにしえ&鬼人Gを入れています
最近また金欠でキングルームの前でモジモジしているのです(´・ω・`)

MHGディアブロス 弾丸肉質
頭:35 首:55 背中:35 腹:25 尻尾:85 翼:45 足:35

【クエストスタート】
この日はBCスタートでした、エリア10スタート以外はモドリ玉を使っています。
エリア10に行って荒地側のディアブロスと戦闘開始、その後クエストスタートから3分半経過すると砂漠側のディアがエリア3に来るのでそちらへ向かいます。
角笛 エリア3
その後は基本的にエリア4⇔3で交互戦闘をしていきますが、荒地側のディアがエリア10からエリア7に行ってしまうとエリア10で何度か戦うことになります。
4・10どっちにも対応できるのと、時間を見る手間を省けるというのが自マキの便利なところです(´∀` )


ディアとの戦闘は通常弾主軸なので基本的にショート突進を誘い、左側に避けてから尻尾裏狙撃
4本 突進 4本 突進 尻尾裏
潜行に対しては尻尾が消えてから右に移動して狙撃、尻尾ビンタが来たらそのまま射撃
4本 潜り 4本 潜り 尻尾

ディアの動きがこれだけならラクチンなのですが、ロング突進になったり他にも突然のズザー→噛み付きがあるので、何時でもそれらを出されてもいいように壁を意識しながら戦闘していきたいです

ショート突進と潜行に対してのこちらの動きがディアブロスの横か斜め後ろに陣取ってしまう形になってしまい、これまで縦に動いていたものが横に動き出すという感じなので、あまり考えずにやってしまうと最悪ディアブロスがエリア中を走りまわるという事態になってしまうので、常に次のことを考えながら時には突進を右に避けたり機動力の無さを地形を最大限に使いながらカバーしていきます。

射撃に関しても「撃てるけど尻尾には撃てない」という時があるのである程度撃つことにはなりますが「尻尾への狙撃チャンスに弾丸がありませんでした」という事にならないようにボウガンと相談しながら

他にも近距離での立ち回りが主になるので突然の尻尾攻撃をかわせるようにディアと呼吸を合わせたり、ディアがアッチ向いて潜った時とコッチ向いて潜った時で対応を変えてみたり、P2Gのディアブロスも新モーションで難しかったですが、こちらはモーションが無い分こちらに考える余地があり迷いが生じやすく難しいです。

でもこれらの要素がディアブロスの楽しいところだと思っています(´∀` )

さて、クエストの方ですが冒頭で述べた「困った事態」と言うのはクリア時間の事です
アルバ改 上位4本 残り時間 残り時間 
左が初回挑戦時、右が今回とは別に行ってみた時の物です。
10分以上開きがあるというのがすごく問題で、左側が弱個体を引いたときの物だったとしても右側が明らかに遅すぎるんですよね(´д` )
ムキになって何回か行っているのですが、残り13分だったり残り5分切ってしまったり。
速い方は弱個体が出たときにディアの動きとか運が良かったで片付けてもいいのですが、遅い方は肉質が極端でクエストの時間の殆どを注ぎこむディアなだけに私がガンナーとしての何かを見落としている可能性が大という由々しき問題。

TAはやらないしMHGには個体差があるので速い方はわりかしどうでもいいのですが、ディアブロスに関しては「遅くとも〇〇分まで狩りたい」と言うのが私の素直な欲求です、このクエストだと間を取って残り10分±2分くらいでしょうか。

そして今回の結果は!!
残り時間 装備
わけがわからないよ(´・ω・`)

残りアイテム


カラハリ×99 怪力の種×3 こんがり肉×8 
鉄鉱大地×58 クーラー×5 Lv2通常弾×70
回復G×8   角笛    Lv1貫通弾×60
秘薬×1   閃光玉×5  モドリ玉



わかっていることは今回は初挑戦の時と同じ個体を引いた事と、私の現在のウデがシャレにならないくらいのブレを持っていることです。
今回は「尻尾への当て方を再確認しよう」と行ってみたのが大きかったのかも知れません
wiiのディアの体力がどの程度なのか分かれば大体どの位で落ち着かせればいいのかわかりそうなのですが
透過率から逆算しようとしても昔の透過率をド忘れしてしまっていたり、覚えていたとしても昔は簡易照準を使っていたのでアテにはならなかったり。

こうなったらどこで落ち着くのか徹底的にやりたいのですが、大地の結晶がもうないという(´・ω・`)
しばらくアルバレスト改での上位4本は迷走しそうかなぁと思っています。

ドンドルマ消失によって私のクエストに対する欲求は消えたと思っていましたが、また私の心を揺さぶってきたのは
かつての好敵手ディアブロスと、なにか因果を感じてしまいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
記事タイトル一覧
全タイトルを表示
最新記事
相互リンク様
プロフィール

Kikka

Author:Kikka
PSMHG後半からヘビィボウガンメインで遊んでます
現在はWiiMHGで狩猟中

コメント等々はお気軽にどうぞです。

カテゴリ
個人的リンク集
時計
月別アーカイブ
ランキング
最新コメント
ブロとも申請フォーム
リンクについて

この人とブロともになる

 
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。